さいさい生活

序章〜お金持ちになりたい〜

アクティビティの話(2018年11月 - 中間報告)

はろーさいさい。

僕はApple Watch series 3 (LTEモデル)を愛用している。

 

よくApple Watchで何するの?と聞かれるが、活動量計として使用している。

iPhoneのヘルスケアアプリと連携して様々なデータを蓄積してくれる。

 

僕は、記録し蓄積し、それを眺めるのが大好きなのだ。

 

 

 

記事の内容

 

アクティビティで記録される3つのデータ 

ムーブ(どの程度動いているか)

立ち上がったり体を動かしたり、日常的な動きで消費されるカロリー

1日あたりの目標値は自分で設定できる。

エクササイズ(運動しているか)

早歩き以上の運動をした時間が分単位で記録される。

目標値は30分で固定されており、変更はできない。

スタンド(立っているか)

立ち上がって1分以上体を動かした時間の合計が1時間単位で記録される。

目標値は12時間で固定されており、変更はできない。

 

3つ目のスタンドが僕にとっては重要だ。

座り仕事で、集中していると4時間座りっぱなしの時もある。

座っている時間が長いと糖尿病になるリスクが上がると聞き、ビビってApple Watchを買った。(本当か?)

 

2018年11月14日の状況

f:id:saisai81og:20181115020803j:plain

ムーブ

目標値は前年度の達成値を考慮し、年間を通して180に設定している。

 

エクササイズ

最近は気候も良く20分ほどのウォーキングを継続して続けられている。

ただしエクササイズに関しては「早歩き以上」のため、少し意識して歩かないとエクササイズとして記録されていない。

スタンド 

平日は目標達成しており良い。

11月11日(日)は目標を達成できていないのだが、車で外出しており、運転している時間が長かったため達成できなかった。

 

ムーブ、エクササイズ、スタンドの3つの目標は、僕には合っていると思う。

毎日達成しようと、少しでも運動できる時間を見つけようと考えている。

記録が始まり1年以上経過し、かなりデータが蓄積されてきて、眺めるのが楽しい。

 

おわり。 

今週のスクリーンタイムの話(iPad mini編)

はろーさいさい。

自分にはiPad Proが必要なのか、iPad miniのスクリーンタイムの結果から考えてみる。

saisai.hateblo.jp

ほぼYouTube専用機なiPad mini 4

今週のスクリーンタイムの結果(2018.11.05〜2018.11.11)

f:id:saisai81og:20181111231936p:plain

 

 

1日当たり2時間21分(週合計:16時間29分)

iPad mini を使ってるのは風呂後〜就寝までの時間だから、3時間くらい。

セルラーモデルだけど、外に持ち出すことも、使うこともほぼないからね。

 

よく使われたもの

1.YouTube(9時間46分)

使用時間のほとんどを占めているのがYouTubuだ。

自分でも薄々感じていたが、10時間/週もYouTubeを見ているのか。

MacBook Proの隣に置いて作業しながら作業用BGM的に使うこともある。

2.Safari(2時間21分)

MacBook ProSafariの動作(特にタブを増やす時)が重くて、iPadSafariで調べ物をすることが多い。どうしたらSafariが軽快に使えるのか。

iPad単体で使う時、マルチタスクSafariを画面の7割、YouTubeを3割で表示させて使っている。iOSだとバックグランドで再生することができないからね。

3.SmartNews(1時間11分)

ニュースまとめアプリはSmartNewsを使っている。

Googleニュースも使っているけど、こちらのほうが自分の好みの情報が得られる。

Safariと同じようにマルチタスクYouTubeながらが多い。

 

考察

動画鑑賞、ネットサーフィン、SNS電子書籍とProのスペックを生かせることは何もしていないのである。

同じiOSiPhoneiPadだが、ただ画面が大きいだけじゃなくマルチタスクができるのがiPadのメリットだと思っている。

mini(7.9インチ)だと少し狭く感じる時もあるので、iPad(9.7インチ)もよいかなと思ってきた。

 

おわり。

僕にはMac(PC)が必要な話 - iPodと光学ドライブ

はろーさいさい。

iPad Proの購入を諦めた話、その続き。

saisai.hateblo.jp

 

iPodを使いたい

Macをやめて、iPad Proにまとめようと思ったが、Macでないとできないことがあった。

それが、iPodの同期である。

 

今でこそiPhoneiPadなどのiOS端末はMac(PC)がなくても使えるが、元々はMaciTunesで管理する必要があった。

だが今でもiPodシリーズはiTunesがないと何もできないのだ。

 

iPod mini、nano、shuffleといくつかのiPodをもっている。

mini(2004年モデル)やnano(2008年モデル)はさすがにもう使ってはいないが、shuffle(2006年モデルから2015年モデルに買い替え)については、まだ現役で使っている。(オリジナルのiPodは所有したことがなく、touchはiPhoneがあったので必要なかった。)

shuffleの良いところは物理ボタンでコントロールするiPodな操作感と圧倒的な軽さ。

とはいえ、shuffleを使っていたほとんどの機会はApple Watchに変わってしまったが。

iPodが好きすぎて話が逸れてしまったが、iPodを使う→iTunesが必要=PCが必要なのである。

 

 CDから音楽を取り込みたい

2016年まではiTunesで楽曲を購入していたが、Apple Musicに切り替えてから購入していない。

iPodiPod touchの現行モデルを除いてApple Musicに対応していないため(変換等の方法もある?)、同期できるのはiTunes Storeで購入した楽曲もしくはCDから取り込んだ楽曲のみだ。

だからiPodで聞くためにCDをレンタルして取り込んでいる。(安いからね)

 

しかし、愛用のMacBook Pro ( mid 2012 )は最後の光学ドライブ搭載モデルだ。

最後の光学ドライブ搭載型MacBook Pro、ひっそりと販売終了 - iPhone Mania

 

Macを買い替えても光学ドライブを搭載しているモデルはないわけだ。

外付けドライブを買えばよいが、そこまでコストをかけてiPodの運用環境を維持する必要があるのだろうか。

 

ブログに書く題目を決めたときは、〜だから必要にするはずが・・・

この話については、別の観点から考えてみようと思う。

 

つづく。

iPad Pro(2018)の話

はろーさいさい。

10月31日、iPad Proの新モデルが発表された。

 

そして・・・

 

 

翌日の1日、10時ごろの注文で、納期が2〜3週間(11月21日〜28日)

とりあえず注文入れて、悩んでみようかなと。

 

目的としてはiPad mini4、MacBook Pro(2012)をiPad Proにまとめれるかなと。

 

11インチ、256GB、スペースグレイモデルを選んだ。

(ベゼルが黒なら黒系、白が選べるならシルバーを選ぶのが近年の考え)

 

SmartKeyboard Folioは欲しいと思った。

前回のSmartKeyboardは段差が気になったので、今回の一体感のあるデザインは好き。

 

iPad Pro & SmartKeyBoard Folio の組み合わせで約137,000円

f:id:saisai81og:20181105154331p:plain

買ったらきっと欲しくなるだろうApple Pencil(第2世代)も加えたら、約152,000円

この金額・・・MacBook Proが買えるんじゃないか?

 

13インチ、Touch Barなしモデル(128GB)で約154,000円になる。

 

元々の目的に、MacBook Proの買い替えもある。

ここ数日、じっくりとiPad mini 4を触ってみたが、iPadiPadだった。

 

iPad Proを買えばApple Pencilが欲しくなるだろうが、Apple Pencilが使いたいからiPad Proが欲しいわけではない。

 

だから、

 

とりあえず今回のタイミングで買わないことを決めたので、つみたてNISAに楽天カードで50,000円分設定した。 

でも、11月7日、発売後のレビュー見てまた欲しくなるかもね。

 

おわり。

Amazon Echoの話

はろーさいさい。

今日はAmazon Echoシリーズの新製品発売日だったようだ。

 

なお我が家では今年の1月よりEcho Dot 第2世代を使っている。

日本での発売にあたり、初めは招待制で2ヶ月ほど待った記憶がある。

 

今日は我が家のEchoとアレクサの話。

 

Echo Dotとは?

AmazonのAlexa搭載スマートスピーカーのうち、一番コンパクトなのがEcho Dotである。

ディスプレイはない、スピーカーは音楽再生には向かない。

スマート家電の操作には対応しているが、別途ハブとなる機器が必要。

じゃあ何のためにあるの?って、アレクサに毎朝おはようと声をかけて、天気予報を教えてもらう。ただそれだけ。

 

アレクサ(Alexa)とは?

Amazonが開発したAIアシスタントである。

Amazon Alexa - Wikipedia

SiriやGoogleアシスタント、Cortanaと同じやつ。

喋りかけると適当にアクションを返してくれる。

  • アレクサ、おはよう(今日について教えてくれる)
  • アレクサ、今日の天気は?
  • アレクサ、3分のタイマーをセットして

質問にも答えてくれるようだが、我が家のアレクサに関して言えば、大抵のことは「ちょっとヨクワカラナイデス。」とはぐらかされる。

 

Echo Dotなら壁掛けが良い

日本で発売しているEchoって全てUSB給電が必要。

部屋のどこからでも音声を拾い、スピーカーの音が聞こえるところ、そんな部屋の一等地に置かないといけない。

コンパクトな第2世代のEcho Dotなら平置きではなく、壁掛けにした方がスッキリ収納できる。

ちなみに我が家ではこの壁掛けホルダーを使っている。

ピン、ネジ、両面テープの3種類の固定方法があるが、我が家では両面テープで家具の側面に貼り付けている。

天面のLEDリングも見やすくなったので、Echo Dotの様子もよく分かる。(反応がない時、悩んでるのか無視したのかLEDで分かる。)

 

第3世代のEcho Dotが欲しいか?

答えはノー。

前モデルとの違いは、

  • 音質が向上(スピーカーのサイズアップ)
  • ファブリック素材のカバーが付く

前モデルより音質が向上、でも前モデルの音質は100均レベルだからね。

ファブリック素材のカバーってホコリ付きそう。

ネガティブ要素しかない。

 

今回の新製品発売はEcho DotとPlusをEchoに合わせてシリーズに統一感を持たせた印象。Echo Dotにも温度センサーは搭載して欲しかったかな。

 

おわり。

MacBook Proの話

はろーさいさい。

10月末、いくつかの新しいApple製品の発表が噂されている。

iphone-mania.jp

 

Apple製品は、iPhoneiPad miniApple WatchMacBook Pro役満である。

あ、Time CapsuleWi-Fiルーター)もある。

 

その中で、今日はMacBook Proの話。 

 

My MacBook Pro

私のMacBook Proは2012 Midの13インチモデル。

MacBook Pro (13-inch, Mid 2012) - 技術仕様

Retina、Not SSD

値段は15万円くらいだったか。

 

先日、Mojaveにアップデートしたが、対応がmid 2012なので次回あたりでOSのアップデート対象から外れるのかもしれない。

 

現在の使用用途は文鎮

6年間所有しており、主な使用用途は写真や動画の編集・管理だが・・・ここ2年はほとんど使用していない。

生活の変化で、まとまった時間が取れず写真も動画もやらなくなった。

そして大抵のことはiPad miniで事足りてしまう。

今はデスクの上にそっと閉じて置いてある。

 

ひさびさのMacBook Pro

今までに投稿した記事はすべてiPhoneはてなブログアプリから投稿していた。

常に手元にあるiPhoneのほうが僅かな時間でも書けるからだ。

 

しかし今、この記事はMacBook Proで書いている。

久々に物理キーを叩くが、とても心地よい。

MacBook Proに向かう自分が意識高いように感じるのは魔力か。

 

だが、やはり年季を感じる部分もある。

Webページの読み込みが遅くApple公式を開いてもなかなか表示されない。

アプリの起動もクリック後に紅茶を淹れてもまだ起動していない。

iPhoneiPad miniで感じないストレスを受けて辛い。

 

買い替えたい欲

辛い時ほど物欲は増す。

 

MacBook Proの買い替えとしてまず考えるのは、PCかタブレットか。

もう少し絞るのであれば、MacBookMac os)かiPadiOS)か。

 

写真の編集については、キヤノンユーザーでDPPもiPad版がリリースされており、動画の編集もiMovieレベルで問題がない。

 

持ち運びを考慮して選んだiPad mini 4(セルラー)だが、ほとんど外で使用することはなかった。

iPad mini 4の前はiPad 2を使用していたが、画面サイズはiPadのほうが見やすくてよかった。(iPad 2 は重さに腕が耐えきれなかった。)

 

結論、iPadiOS)であり、MacBook並みの画面サイズのiPad Pro(12.9インチ)なら毎日使えてハッピーな最強ツールになるのかなと。

 

新製品発表前は妄想が膨らんで困る。

財布も膨らんでくれれば良いが。

 

おわり。

企業型DCの運用報告(201810)

目次

 

はじめに

私は会社員で企業型の確定拠出年金に加入している。

初回なので確定拠出年金についてまとめると、

  1. 企業が掛け金を拠出する
  2. 従業員が資産運用する
  3. 60歳以降に退職金or年金として受け取る

また私の場合は、マッチング拠出の制度も採用しており、企業から搬出する掛け金に加えて賞与から搬出することができる。(搬出は月割で毎月の掛け金に上乗せされる。)

 

運用について

運用が始まったのは2018年4月

年始に企業型DCの説明を受けたのだが、あまり理解できていなかったため、元本保証とバランス型を50:50で放置していた。

最近は投資について調べるようになり、ポートフォリオをしっかり組んで資産運用していこうと思い記録として残すことにした。

 

2018/10/19 運用状況

f:id:saisai81og:20181019144130j:image

まだ始まって半年、あまり当てにならない数字だろう。

それよりきちんとポートフォリオを組んで成果を出していきたい。

 

現在のポートフォリオ

f:id:saisai81og:20181019144802p:image

現在は株式3、債券3、元本保証3の割合になっているが、これを株式9、債券1を目標に積み立てていきたいと思う。

 

長期運用に債券は必要なのか

私の場合、運用期間は約30年だ。

よく長期の投資について債券は不要との声がある。

ただDCのメリットの一つが運用中は非課税であり、つみたてNISAとは違い非課税の枠がないためスイッチングができる。

「長期運用のポートフォリオに債券が必要か」の答えを今出すことはできないので、運用しながら考えようと思う。

年齢に合わせて比率を変えていくのが良いのだろうか。

 

最後に

2018年は確定拠出年金に加えてつみたてNISAも始めたので、つみたてNISAについても運用記事を投稿したい。